2009/10/03的中問題「adv-」ムサビ

2009/10/03的中問題「adv-」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「adv-」

2009/2/13発行のメルマガの内容がムサビ本番で出ました。

advertiseが

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]の本文で

Advertisers

のかたちで、

また、同じムサビ2009後期[問題Ⅰ]の8.の選択肢(5)として、

Advertising

のかたちで出ました。

バックナンバー
2009/2/13「adv-」

2009/09/26的中問題「-ing」「-ed」ムサビ

2009/09/26的中問題「-ing」「-ed」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「-ing」「-ed」

2009/02/03配信のメルマガの内容がムサビ2009年の本番で出ました。

ムサビ2009年前期[問題Ⅲ]5の解答として、
文法的にはrefreshedとrefreshingが可能です。

「-ing」は「感情を人に与える」つまり「感情を人に感じさせる」ものであることを意味します。

「-ed」は「感情を与えられる」「感情を感じさせられる」つまり「感情を感じている」ことを意味します。

この問題では、1杯のレモネードが「(爽やかという)感情を人に与える」ものである、と考えるのが適当です。

だから、ここでは「-ing」が正解です。

ここで、もし「-ed」を使ったら、まるで擬人化されたレモネードが「(爽やかという)感情を与えられている」つまり「爽やかな気分を感じている」というような意味になります。
これは答えとして適当ではありません。

バックナンバー
2009/02/03「-ing」「-ed」

2009/09/19的中問題「for」ムサビ

2009/09/19的中問題「for」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「for」

2009/02/01発行のメルマガから、ムサビ2009年の本番で2つ出ました。

ムサビ2009年前期[問題Ⅰ]1.B.選択肢(1)として

文, for 文
=文, because 文

が出ました。

ムサビ2009年前期[問題Ⅱ]3.正解の選択肢(1)として

what (…) for?

が出ました。

バックナンバー
2009/02/01「for」

2009/09/12的中問題「接続詞2」ムサビ

2009/09/12的中問題「接続詞2」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「接続詞2」

2009/01/31発行のメルマガから、2009年ムサビの本番で3つ出ました。

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]6.A正解の選択肢(1)として
besides
が出ました。

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]6.B正解の選択肢(2)として
however
が出ました。

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]6.B選択肢(1)として
therefore
が出ました。

バックナンバー
2009/01/31「接続詞2」

2009/09/05的中問題「接続詞1」ムサビ2

2009/09/05的中問題「接続詞1」2

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「接続詞1」2

2009/01/30に発行された1通のメルマガの内容から、ムサビ後期の入試本番で2つ出ました。

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]3.選択肢(3)として
both A and B
が出ました。

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]3.選択肢(4)として
neither A nor B
が出ました。

前回に紹介した的中問題と合わせて、2009/1/30の1通のメルマガから、
2009年のムサビでは前期後期合わせて5問的中しました。

バックナンバー
2009/01/30「接続詞1」

2009/08/29的中問題「接続詞1」ムサビ1

2009/08/29的中問題「接続詞1」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「接続詞1」

2009/01/30に発行された1通のメルマガの内容から、ムサビ前期の入試本番で3つ出ました。

ムサビ2009前期[問題Ⅰ]1.B正解の選択肢(4)として
though
が出ました。

ムサビ2009前期[問題Ⅰ]本文第3段落に
although
が出ました。

ムサビ2009前期[問題Ⅰ]1.B選択肢(1)に
接続詞のfor
が出ました。

バックナンバー
2009/01/30「接続詞1」

2009/02/20「本番」ムサビ2

2009/02/20「本番」ムサビ2

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「本番」ムサビ2

前期の時と同じ注意です。

特にムサビでは、試験開始と同時にまず以下の2点を確認しましょう。

・「誤り」の選択肢を選ぶ問題はないか?
・空欄が文頭ではないか?

その他の注意点はタマビの時と同じです。

1.ギリギリまで暗記物を暗記しましょう!
2.「正」「誤」のどちらを選ぶべきかに気をつけましょう!
3.難しい問題はすぐに飛ばしましょう!

健闘をお祈りします。

2009/02/17「本番の復習」ムサビ

2009/02/17「本番の復習」ムサビ

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「本番の復習」ムサビ

おつかれさまです。

問題で気になった単語を思い出してください。
そして調べて覚えておきましょう。

ムサビの2008年では、前期の和訳で出たadvertiseという単語が、後期の和訳でも出ました。

また、問題の形式も、ムサビの場合は、前の年と変わることがあっても、前期と後期は似ています。

次回の配信は2/20金の予定です。

前期で気になったところを思い出して、覚えておきましょう。

2009/02/16「本番」ムサビ1

2009/02/16「本番」ムサビ1

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「本番」ムサビ1

おつかれさまです。

特にムサビでは、試験開始と同時にまず以下の2点を確認しましょう。

「問題Ⅰ」
「問題Ⅱ」などで
「誤り」の選択肢を選ぶ問題はないか?

「問題Ⅳ」などで
空欄が文頭ではないか?

また、
気になる単語等はあとで調べられるように覚えておきましょう。
後期にも出ることがあります。

その他の注意点はタマビの時と同じです。

1.ギリギリまで暗記物を暗記しましょう!
2.「正」「誤」のどちらを選ぶべきかに気をつけましょう!
3.難しい問題はすぐに飛ばしましょう!

健闘をお祈りします。

2009/02/15「正誤」ムサビ

2009/02/15「正誤」ムサビ

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「正誤」ムサビ

ムサビでは、毎年、
「誤り」の選択肢を答えさせる問題が混ざっています。

特に「問題Ⅰ」と「問題Ⅱ」に見られます。

2008前Ⅱ1.
「最もふさわしくないもの」
2007後Ⅰ5.
「最も適当でない語」
2007前Ⅰ8.
「一致していないものを二つ」
2006後Ⅰ10.
「一致していないものを二つ」
2005後Ⅱ5.
「最もふさわしくないもの」
2005前Ⅰ9.
「一致していないものを二つ」」

2008年には下線で強調されましたが、油断できません。

「誤り」を答えさせる問題に注意です。