受験生には過去問研究を勧めるべきです。

受験生には過去問研究を勧めるべきです。

もしも、「過去問研究をするな」といったとしましょう。

そうしたら、まじめに言われたことに従う良い受験生は過去問研究をやりません。
言われたことに従わない悪い受験生だけが過去問研究をやります。
悪い受験生が有利になります。

フェアじゃありません。

受験生には過去問研究を勧めたほうが、入試はよりフェアになります。

平等な条件になるからです。

条件が平等であるほど、より実力がある人、より努力をした人が有利になります。

受験生には過去問研究を勧めるべきです。

過去問をやりましょう!

過去問をやりましょう!

過去問が大切だということは、自分で過去問を見てみれば一番よくわかります。

教科書が大切だということも、過去問を見て自分で気づくことが必要です。

実際は、入試問題には高校の範囲を超える難しすぎる問題がたくさん出ます。
そのことも、自分で見て知っておく必要があります。
特に、タマビはかなりヘビーな問題だということを早く知っておいたほうがいいです。

でも、実はその難しすぎる問題は解けなくても、
基礎的な問題が解ければ合格には十分です。
だから、教科書レベルを身につけることが大切です。
そもそも、教科書レベルを身につけずに、もっと難しい問題が解けるようになることはありません。

でも、それでも、
自分で過去問を見ずに「教科書レベルだよ」と人から聞くのは危ないです。
実際の問題を見たときに圧倒されます。

自分で過去問を見て、相当難しい問題が出ることを知った上で、
それでも「教科書レベルができれば合格できる」ということを知る必要があります。

油断はできない。

どの程度の難しさの問題が出るのか。それを早く知ることは大きな価値があります。

教科書レベルの基礎が大切だということも、
過去問をしっかり研究することが必要だということ自体も、
自分で過去問を見てみれば、よく納得できるでしょう。

必ず過去問を自分でやりましょう。

教科書をやりましょう!

教科書をやりましょう!

私が入試の英語対策をしたら、ムサビとタマビの本番でバンバンあたりました。

それは、基礎的なことを押さえたからです。

教科書の内容です。
学校の教科書です。

よく言われる
「文法が基礎だ」
「単語が基礎だ」
というのは間違ってはいません。

でも、「難しい文法」や「難しい単語」は基礎ではありません。

「基礎的な文法」
「基礎的な単語」
が基礎なんです。

それは、教科書レベルです。

それが入試本番でかならず出ます。
たくさん出ます。

そこで大きな差がつきます。

実際には、教科書の範囲を超えた難しすぎる問題もたくさん出ます。
特にタマビは、難しすぎる問題がとても多いです。
そこは過去問を自分で見て心構えをしましょう。

でも、難しすぎる問題はどうせみんな解けません。

解ける問題が確実に解けるかどうかで合格が決まります。
教科書レベルが身についていればムサタマにも必ず受かります。

教科書とその副教材を徹底的にやりましょう。

オランダはタマビで頻出です。

オランダはタマビで頻出です。

the Netherlands
Holland
Dutch
この3つを覚えましょう!

サッカーのワールドカップの組み合わせが決まりました。

日本と同じ組には、
オランダ
デンマーク
カメルーン
が入っています。

この中のオランダという国は、タマビの英語の過去問で繰り返し出ています。

タマビ2008A[問題Ⅰ]に出ています。
タマビ2007A[問題Ⅰ]にも出ています。

絶対に覚えてください!

「オランダ」
the Netherlands
または
Holland

「オランダの」
「オランダ人」
「オランダ語」
Dutch

これが基本です。
確実に覚えましょう!

ここから先の表現は読めればいいでしょう。

国名の英語の正式名は、
Kingdom of the Netherlands
といいます。
「オランダ王国」という言い方ですね。

「オランダ人」は
Netherlander
Dutchman
Hollander
という言い方もあります。

ちなみに、
オランダ出身のアリスター・オーフレイムという格闘家が、
今夜のK-1に出場します。
彼のニックネームは「ダッチ・サイクロン」です。
オランダ人だから「ダッチ(Dutch)」なんですね。

the Netherlands
Holland
Dutch
です。

この3つを覚えましょう。

2009/02/10「本番の復習」前期と後期

2009/02/10「本番の復習」前期と後期

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「本番の復習」前期と後期

おつかれさまです。

本メルマガではサポートできませんが、
前期の英語の問題を復習しましょう。

入試で過去問が重要なのは、本番の問題に一番近いからです。

今年のものならなおさらです。

同じ年に作られるせいか、
前期と後期で似たような題材がでることもあります。

タマビは、
形式は、
毎年変わっていて、前期と後期でも違っています。

しかし、
例えば2007年には、
前期で出たthe Netherlandsが後期にも出ました。
ちなみに、2008年にも続けて出ました。

前期の英語の復習をしましょう。

2009/02/07「内容を根拠に」

2009/02/07「内容を根拠に」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「内容を根拠に」

長文で選択肢を選ぶときは、見かけにだまされず、内容を根拠に選びましょう。

例)
(本文)
上野はかつて丘の村だった。そこは関が原の後に重要になった。上野は江戸城の北東にあった。その方角からは悪いものが来ると信じられていた。だから、秀忠はそこに寺を立てた。その寺の塔は今でも見ることができる。

(質問)
上野が関が原の後に重要になったのはなぜ?

(選択肢)
A.丘の村だったから。
B.その場所が理由だ。
C.秀忠がそこに住んでいたから。
D.塔は今でも見ることができるから。

正解は

Bです。

不正解のA,C,Dは、
本文と同じ表現を使っていながら、内容が合わないことに注意しましょう。

正解のBでは、
本文の表現を使わずに、内容が合うように作られています。

本文と同じ表現を使っている選択肢が、本文の内容に合わない場合があるのです。

ちなみに例はタマビ2007の過去問がもとになっています。

見かけで選んではいけません。

内容を根拠に選びましょう。

2009/01/25「復習が大事」

2009/01/25「復習が大事」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
「復習が大事」

復習を繰り返しましょう!

1回やって身に付くことはほとんどありません。2~3回でも少ないです。

新しいことよりも、今までやったことを確実に身に付けましょう。特に教科書と過去問です。

一番楽で、早くでき、力がつくのが復習です。一番おトクな勉強法が復習です。疲れていても、時間がなくてもできます。

復習を何度も繰り返すことが必要です。

次回から、実戦的な注意事項や文法について書きます。

2009/01/23「ムサタマの傾向と対策」

2009/01/23「ムサタマの傾向と対策」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
「ムサタマの傾向と対策」

ムサビは、学校の授業をしっかり受けること、教科書の内容をしっかり身に付けることを受験生に求めています。

タマビは、教科書で最低限の基礎的なことを身に付け、その上で多くの英文に親しむことを受験生に求めています。

以上のことは、過去問に反映されています。特に2008年には両大学でその傾向が強くなっていました。

今からの限られた時間での対策としては、ムサビねらいの人は教科書の復習、タマビのねらいの人は過去問の復習に力を入れるのがベストです。

2009/01/21「過去問と教科書」

2009/01/21「過去問と教科書」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
はじめまして!
このメルマガは、美大受験予備校の英語講師が発行します。

「過去問と教科書」

美大受験の英語は、学校の教科書と過去問を徹底することが基本です。

まだの人は今からでも必ずやっておきましょう。もうやった人も何度も繰り返しましょう。

解答解説を読んでも分からない問題は気にせずにとばしましょう。
教科書は自力で読んでみてください。
基礎的な問題を確実に解けるかどうかで合否が決まります。

教科書と過去問です。
そこに絞ることがベストです。