タマビ2010AⅡ 問4

bigup1.gif タマビ2010AⅡ 問4

第2段落4行目「She…」

「彼女は、ネイティブ・アメリカンがその地域に住んでいたときはどのように見えたか、そして、コロンブスが到着して開拓移民があとに続いたときにどのように変わったかを思い描くように強く言って、ロングアイランドを通るシンプルなドライブを授業に変えた。」

bigup1.gif 美大英語.com

タマビ09BⅠ問3 2とおりの解き方

タマビ09BⅠ問3 2とおりの解き方

この問3は、
2とおりの解き方ができました。

People from all walks of life
の語句の意味を知っていれば、
自信を持ってすぐに正解を選ぶことができました。

でも、それを知っている人はほとんどいないでしょう。

知らなくても、
あきらめずに本文を根拠にして答えを出そうとすれば、
正解を選ぶことができます。

コロン(:)で言い換えている、
というのがわかれば解けました。

高度な知識がある人は、
すぐに解ける。

そうじゃない普通の人でも、
本文を根拠に答えようとすれば解ける。

とてもよくできています。

タマビ09BⅠ問3 簡単に考える

タマビ09BⅠ問3 簡単に考える

同格について説明しましたが、
簡単に考えましょう。

文法はよくわからなくても解けます。

今回やった同格は、ただ並べるだけです。

和訳もただ並べるだけでいいです。

「○○が、家族の世界に入ってくる。教師やコーチなど。」

この「○○」は何か?と聞いているのが、
この問3の問題です。
それだけです。

同格という言葉とか知らなくても、
言い換えているのがわかると思います。

言い換えているのがわかればいいんです。
それだけです。

逆に、
コロン(:)があっても、同格とは限りません。

結局、文脈です。

タマビ09BⅠ問3 コロンの同格の訳し方

タマビ09BⅠ問3 コロンの同格の訳し方

第3パラグラフ1行目の
コロン(:)の前後の同格の訳し方はいろいろあります。

一番わかりやすいのは、
「つまり」でつなげるやり方です。

「つまり」を使わずに
ただ並べるだけでもいいです。
もとの英文だって、ただ並べているだけだから。

コロンのとこで文を一回終わらせてもいいです。

具体的には、

いろいろな人々が、~。つまり、教師やコーチなどである。

いろいろな人々が、~。教師やコーチなどである。

いろいろな人々、つまり、教師やコーチなどが、~。

教師やコーチなどという、いろいろな人々が、~。

などです。

タマビ09BⅠ問3 コロンの前後

タマビ09BⅠ問3 コロンの前後

my friend, Ken

これは、
my friendとKenが同格で、
コンマ(,)で区切ってあります。

これをコロン(:)で区切ってあるのが、
第3パラグラフの1文目です。

1行目のコロン(:)のあとには、たくさん名詞が続いていますが、
シンプルにして、とりあえずここでは、
「教師やコーチなど」として扱うことにします。

1文目の主語は、
「あらゆる職業・階級の人々」です。

シンプルにして、ここでは
「いろいろな人々」として扱うことにします。

コロン(:)の前後の、
「いろいろな人々」と
「教師やコーチなど」とが同格です。

タマビ09BⅠ問3 本文を根拠に

タマビ09BⅠ問3 本文を根拠に

問題文には、
「この語句の意味するものは次のどれか。」
と書かれています。

でも!
この問題は、語句の意味を知らなくても解けます!

本文を根拠に選ぶのです!

第3パラグラフの1行目に
People…from all walks of life
があって、
その直後に、「:」というのがあります。

コロンと言います。

大ヒントです!

同格というのが使われています。