ムサタマ直前対策は去年の内容と重なります。

ムサタマ直前対策は去年の内容と重なります。

今年のムサタマ対策も、
去年、メルマガで配信して、
このサイトにもメルマガのバックナンバーとしてのせてある記事と、
内容がいくらか重なります。

ムサタマで36コ出ました!

ムサタマで36コ出ました!

前回までの記事でメルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーを紹介しました。

メルマガでは、
ムサビとタマビの英語の対策を、
2009年1月21日からの1カ月で、
1通250字以内で、
ほぼ毎日やりました。

その中から、ムサタマの入試本番で実際に出たものを、
2009年8月から「的中問題」として紹介しました。

紹介した的中問題の数は、合計で36コです!

入試直前の1ヶ月間のメルマガの内容から、
入試本番で出たものを36コ紹介しました。

2009/11/14的中問題「正誤」タマビ

2009/11/14的中問題「正誤」タマビ

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「正誤」タマビ

2009/2/9発行の本メルマガで注意を呼びかけた、
「誤り」の選択肢を選ばせる問題が2つ、タマビの本番で出ました。

タマビ2009A[問題Ⅰ]問2で、

「次の1~10の英文で内容があやまっているものが四つある。それはどれか。」

という聞き方がされています。

また、
タマビ2009B[問題Ⅱ]問1の7.で、

「What is NOT mentioned as the kind of animals the Chumash ate?」

という聞き方がされています。

どちらも内容的に「誤っている」選択肢を答えなくてはいけませんでした。

この手の聞き方はタマビでは3年ぶりでしたが、
本メルマガでは正に本番前日に注意を呼びかけていたので読者の皆さんは引っかからなかったと思います。

該当する記事のバックナンバーは以下です。
2009/02/09「正誤」タマビ

また、
ムサビについての同様の記事は以下です。
2009/10/10的中問題「正誤」ムサビ

2009/11/07的中問題「for」タマビ

2009/11/07的中問題「for」タマビ

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「for」タマビ

2009/2/1発行の本メルマガからタマビの本番で出たものを紹介します。

タマビ2009B[問題Ⅱ]本文第4段落に

文, for 文
=文, because 文

が出ました。

同じく
タマビ2009B[問題Ⅱ]本文第6段落に

文, for 文
=文, because 文

が出ました。

タマビ2009A[問題Ⅲ]本文第5段落に

「~を求めて、
~が欲しくて」

というforが2回出ました。

タマビ2009B[問題Ⅱ]本文第6段落に

use oil for fuel
石油を燃料として使う

と同じforの使い方が出ました。

They used animal hides and bones for clothing, tools and musical instruments.
彼らは動物の皮と骨を、衣類、道具、楽器として使った。

同じ記事からムサビの本番で出たものについては
2009/9/19発行の記事で紹介しました。
2009/09/19的中問題「for」ムサビ

2009/2/1発行分のバックナンバー
2009/02/01「for」

2009/10/31的中問題「接続詞2」タマビ

2009/10/31的中問題「接続詞2」タマビ

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「接続詞2」タマビ

2009/1/31発行のメルマガからタマビの本番で3つ出ました。

タマビ2009B[問題Ⅰ]本文第2パラグラフで
however
が出ました。

タマビ2009A[問題Ⅲ]本文第3パラグラフで
yet
が出ました。

タマビ2009B[問題Ⅱ]本文第3パラグラフで
so
が出ました。

同じ記事からムサビの本番で出たものについては
2009/9/12発行の記事で紹介しました。
2009/09/12的中問題「接続詞2」ムサビ

バックナンバー2009/1/31発行
2009/01/31「接続詞2」

2009/10/24的中問題「接続詞1」タマビ

2009/10/24的中問題「接続詞1」タマビ

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「接続詞1」タマビ

2009/1/30に発行された1通のメルマガの内容から、タマビの入試本番で合計5つ出ました。

タマビ2009A[問題Ⅰ]本文第9段落に
although
が出ました。

タマビ2009B[問題Ⅱ]本文第1段落に
although
が出ました。

タマビ2009B[問題Ⅰ]本文第2段落に
both A and B
が出ました。

タマビ2009B[問題Ⅱ]本文第4段落に
文, for 文
が出ました。

タマビ2009B[問題Ⅱ]本文第6段落に
文, for 文
が出ました。

バックナンバー
2009/1/30「接続詞1」

2009/10/17的中問題「不定詞の否定」

2009/10/17的中問題「不定詞の否定」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「不定詞の否定」

2009/1/29発行のメルマガで紹介した

in order to

が、ムサビとタマビの本番で合わせて5回出ました。

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]7.選択肢(4)の一部として。

タマビ2009A[問題Ⅱ]3.選択肢(3)として。

タマビ2009B[問題Ⅱ]問1の2.の問題文の一部として。

タマビ2009B[問題Ⅱ]問1の5.選択肢(a)の一部として。

タマビ2009B[問題Ⅱ]問1の5.選択肢(d)の一部として。

以上の5か所で出ました。

バックナンバー
2009/1/29「不定詞の否定」

2009/10/10的中問題「正誤」ムサビ

2009/10/10的中問題「正誤」ムサビ

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「正誤」ムサビ

2009/2/15発行の本メルマガでお伝えした、
「適切でない」選択肢を答えさせる問題が、
ムサビの本番で出ました。

ムサビ2009年前期[問題Ⅱ]5.で

「最もふさわしくないもの」

を選ばせる問題が出ました。

また、
ムサビ2009年後期[問題Ⅰ]2.で

「本文中で科学者が特定した目の特徴に入っていないもの」

を選ばせる問題が出ました。

バックナンバー
2009/2/15「正誤」ムサビ

2009/10/03的中問題「adv-」ムサビ

2009/10/03的中問題「adv-」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「adv-」

2009/2/13発行のメルマガの内容がムサビ本番で出ました。

advertiseが

ムサビ2009後期[問題Ⅰ]の本文で

Advertisers

のかたちで、

また、同じムサビ2009後期[問題Ⅰ]の8.の選択肢(5)として、

Advertising

のかたちで出ました。

バックナンバー
2009/2/13「adv-」

2009/09/26的中問題「-ing」「-ed」ムサビ

2009/09/26的中問題「-ing」「-ed」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。
—–
的中問題「-ing」「-ed」

2009/02/03配信のメルマガの内容がムサビ2009年の本番で出ました。

ムサビ2009年前期[問題Ⅲ]5の解答として、
文法的にはrefreshedとrefreshingが可能です。

「-ing」は「感情を人に与える」つまり「感情を人に感じさせる」ものであることを意味します。

「-ed」は「感情を与えられる」「感情を感じさせられる」つまり「感情を感じている」ことを意味します。

この問題では、1杯のレモネードが「(爽やかという)感情を人に与える」ものである、と考えるのが適当です。

だから、ここでは「-ing」が正解です。

ここで、もし「-ed」を使ったら、まるで擬人化されたレモネードが「(爽やかという)感情を与えられている」つまり「爽やかな気分を感じている」というような意味になります。
これは答えとして適当ではありません。

バックナンバー
2009/02/03「-ing」「-ed」