2009/02/08「内容を根拠に」

2009/02/08「内容を根拠に」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「本文を根拠に」

本文を根拠に正解を選びましょう。

例)
(選択肢)
山本がお金を集めたのは、
A.彼が4,000,000円を持っていたから。
B.彼が400,000円を持っていたから。
C.彼が個人的つながりを感じていたから。

選択肢だけを見ると、AかBのどちらかに見えます。

(本文)
山本はその話に興味を持った。なぜならBaldwinは当時彼の寺に下宿していたからだ。その結果、彼は4百万円を集めた。

正解はCです。

選択肢だけを見て答えると間違えそうです。
本文の内容を根拠にすることが大切です。

今回も例題はタマビ2007をもとにしました。

本文の内容を根拠に選びましょう。

2009/02/07「内容を根拠に」

2009/02/07「内容を根拠に」

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「内容を根拠に」

長文で選択肢を選ぶときは、見かけにだまされず、内容を根拠に選びましょう。

例)
(本文)
上野はかつて丘の村だった。そこは関が原の後に重要になった。上野は江戸城の北東にあった。その方角からは悪いものが来ると信じられていた。だから、秀忠はそこに寺を立てた。その寺の塔は今でも見ることができる。

(質問)
上野が関が原の後に重要になったのはなぜ?

(選択肢)
A.丘の村だったから。
B.その場所が理由だ。
C.秀忠がそこに住んでいたから。
D.塔は今でも見ることができるから。

正解は

Bです。

不正解のA,C,Dは、
本文と同じ表現を使っていながら、内容が合わないことに注意しましょう。

正解のBでは、
本文の表現を使わずに、内容が合うように作られています。

本文と同じ表現を使っている選択肢が、本文の内容に合わない場合があるのです。

ちなみに例はタマビ2007の過去問がもとになっています。

見かけで選んではいけません。

内容を根拠に選びましょう。

2009/02/06「国名8」東南アジア2

2009/02/06「国名8」東南アジア2

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名8」東南アジア2

シンガポール
Singapore
Singaporean

マレーシア
Malaysia
Malaysian

インドネシア
Indonesia
Indonesian

バリ
Bali
Balinese

フィリピン
the Philippines
Philippine

2009/02/06「国名7」東南アジア1

2009/02/06「国名7」東南アジア1

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名7」東南アジア1

念のため東南アジアも見ておきましょう。

東南アジア
Southeast Asia
Southeast Asian

タイ
Thailand
Thai

ラオス
Laos
Laotian

ベトナム
Vietnam
Vietnamese

カンボジア
Cambodia
Cambodian

ミャンマー
Myanmar
Myanmarese

ビルマ
Burma
BurmeseまたはBurmese

2009/02/05「国名6」ヨーロッパ2

2009/02/05「国名6」ヨーロッパ2

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名6」ヨーロッパ2

ヨーロッパの国名の「その2」です。

ポーランド
Poland
Polish

ハンガリー
Hungary
Hungarian

スウェーデン
Sweden
Swedish

ノルウェー
Norway
Norwegian

フィンランド
Finland
Finnish

ベルギー
Belgium
Belgian

2009/02/05「国名5」アフリカ・南米

2009/02/05「国名5」アフリカ・南米

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名5」アフリカ・南米

アメリカ大陸
America
American

メキシコ
Mexico
Mexican

ブラジル
Brazil
Brazilian

アフリカ
Africa
African

エジプト
Egypt
Egyptian

エチオピア
Ethiopia
Ethiopian

南アフリカ
South Africa
South African

2009/02/05「国名4」西・南アジア

2009/02/05「国名4」西・南アジア

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名4」西・南アジア

西アジアと南アジアです。

トルコ
Turkey
Turkish
トルコ人はTurk

アルメニア
Armenia
Armenian

ペルシャ
Persia
Persian

イラン
Iran
Iranian

アフガニスタン
Afghanistan
Afghan

インド
India
Indian

ネパール
Nepal
Nepalese

ブータン
Bhutan
Bhutanese

スリランカ
Sri Lanka
Sri Lankan

2009/02/04「国名3」英語圏

2009/02/04「国名3」英語圏

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名3」英語圏

英語圏の国名です。

アメリカ合衆国
the United States (of America)
American

カナダ
Canada
Canadian

オーストラリア
Australia
Australian

イギリス
(イングランド)
England
English

イギリス
(英国)
the United KingdomまたはBritain
British

アイルランド
Ireland
Irish

スコットランド
Scotland
Scottish

2009/02/04「国名2」ヨーロッパ1

2009/02/04「国名2」ヨーロッパ1

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名2」ヨーロッパ1

最重要な国名です。

ヨーロッパ
Europe
European

ギリシャ
Greece
Greek

オランダ
the NetherlandsまたはHolland
Dutch

ドイツ
Germany
German

イタリア
Italy
Italian

フランス
France
French

ポルトガル
Portugal
Portuguese

スペイン
Spain
Spanish

ロシア
Russia
Russian

スイス
Switzerland
Swiss

2009/02/04「国名1」東アジア

2009/02/04「国名1」東アジア

メルマガ「ムサタマ入試英語」のバックナンバーです。

—–
「国名1」東アジア

国名とその形容詞形を覚えましょう。

タマビの長文でよく出ます。
読めるようになりましょう。

形容詞形は
「~人」や
「~語」
という名詞にもなります。

例)
日本
Japan
Japanese

まずは東アジア。

アジア
Asia
Asian

韓国
Korea
Korean

中国
China
Chinese

台湾
Taiwan
Taiwanese

モンゴル
Mongol
Mongolian

チベット
Tibet
Tibetan

つづく