過去問をやりましょう!

過去問をやりましょう!

過去問が大切だということは、自分で過去問を見てみれば一番よくわかります。

教科書が大切だということも、過去問を見て自分で気づくことが必要です。

実際は、入試問題には高校の範囲を超える難しすぎる問題がたくさん出ます。
そのことも、自分で見て知っておく必要があります。
特に、タマビはかなりヘビーな問題だということを早く知っておいたほうがいいです。

でも、実はその難しすぎる問題は解けなくても、
基礎的な問題が解ければ合格には十分です。
だから、教科書レベルを身につけることが大切です。
そもそも、教科書レベルを身につけずに、もっと難しい問題が解けるようになることはありません。

でも、それでも、
自分で過去問を見ずに「教科書レベルだよ」と人から聞くのは危ないです。
実際の問題を見たときに圧倒されます。

自分で過去問を見て、相当難しい問題が出ることを知った上で、
それでも「教科書レベルができれば合格できる」ということを知る必要があります。

油断はできない。

どの程度の難しさの問題が出るのか。それを早く知ることは大きな価値があります。

教科書レベルの基礎が大切だということも、
過去問をしっかり研究することが必要だということ自体も、
自分で過去問を見てみれば、よく納得できるでしょう。

必ず過去問を自分でやりましょう。

教科書をやりましょう!

教科書をやりましょう!

私が入試の英語対策をしたら、ムサビとタマビの本番でバンバンあたりました。

それは、基礎的なことを押さえたからです。

教科書の内容です。
学校の教科書です。

よく言われる
「文法が基礎だ」
「単語が基礎だ」
というのは間違ってはいません。

でも、「難しい文法」や「難しい単語」は基礎ではありません。

「基礎的な文法」
「基礎的な単語」
が基礎なんです。

それは、教科書レベルです。

それが入試本番でかならず出ます。
たくさん出ます。

そこで大きな差がつきます。

実際には、教科書の範囲を超えた難しすぎる問題もたくさん出ます。
特にタマビは、難しすぎる問題がとても多いです。
そこは過去問を自分で見て心構えをしましょう。

でも、難しすぎる問題はどうせみんな解けません。

解ける問題が確実に解けるかどうかで合格が決まります。
教科書レベルが身についていればムサタマにも必ず受かります。

教科書とその副教材を徹底的にやりましょう。