解説 タマビ09BⅠ問1 4.「Just~を根拠に」

解説 タマビ09BⅠ問1 
4.「Just~を根拠に」

問題文には「全文をよく理解した上で」とあります。
でも、私は根拠になる文を決めつけて説明したいと思います。

第2パラグラフ
2行目の
Just like you,~
という文を根拠に正解の選択肢(2)を選びます。

解説 タマビ09BⅠ問1 3.「読者と著者の共通点を探す」

解説 タマビ09BⅠ問1 
3.「読者と著者の共通点を探す」

だれとだれの共通点を探すのでしょう?
だれとだれが仲間なのでしょう?

読者の「あなた」と
著者の「わたし」です。

第1パラグラフのfellowを含む文が読めればわかります。

でも、
実はその文が読めなくてもわかります。

問1では、
選択肢の前に、

「この本を手に取られるみなさん方とわたしは、」

と書いてあります。

大ヒントです!

ここを見るだけで、
読者と著者の共通点を探せばいいことがわかります。

つまり、

読者の「あなた」と
著者の「わたし」の
共通点が書かれている場所を本文から探しなさい。

というのが、
問1で聞かれていることなのです。

解説 タマビ09BⅠ問1 2.「本文から共通点を探す」

解説 タマビ09BⅠ問1 
2.「本文から共通点を探す」

共通点を探します。

fellow「仲間」と言っています。
共通点があるのです。

とりあえず、
concerned
parent
と言っているので、

心配している、
親である、
という点で共通点があるのは明らかです。

でもそれだけでは、
選択肢から1つを選ぶことはできません。
全部の選択肢があてはまりそうです。

だから、
ほかの共通点を本文から探します。

解説 タマビ09BⅠ問1 1.「fellow」

解説 タマビ09BⅠ問1 
1.「fellow」

まず、
「a fellow concerned parent」を解説します。

fellow
「仲間」という名詞ですが、
ほかの名詞の前にくっつけたりもします。

concerned
「心配する」
自分が心配を感じていることを表します。

「a fellow concerned parent」というのは、
直訳すれば、
「仲間である心配する親」となります。
自然な日本語としては
「心配している親仲間」というかんじです。

心配している親である。
そういう仲間だという意味です。

解説 タマビ09BⅠ 簡潔に

解説 タマビ09BⅠ 全体を簡潔に

多摩美術大学
2009年度
B日程
英語
[問題Ⅰ]

まず、
[問題Ⅰ]全体を簡潔に解説します。

問1
第2パラグラフ
第2文

問2
A 
more than anything
B 
be aware of~
C 
be sensitive to~

問3
a walk of life
職業や社会的地位

問4
counter-
逆方向を表す。

問5
第4パラグラフ
5行目

問6
optimism
楽観主義

問7
第5パラグラフ
下から3行目

問8
phenomenal 
驚くべき、
とてもすばらしい

問9
第6パラグラフ
2行目
「such ~」

問10
複数形。
星型の飾りをstarという。

問11
直後の
「that my kids won’t like me」

多摩美術大学の英語の過去問解説をします!

多摩美術大学の英語の過去問解説をします!

まずは、
赤本にのっていない、

多摩美術大学
2009年度
B日程
英語
[問題Ⅰ]

から、過去問解説を始めます。

省略してタマビ09BⅠと書くことにします。

まず、
[問題Ⅰ]全体の簡潔な解説をします。

そのあとに、
問1、問2と
もう少しくわしく教えていきます。