ムサビ2010前 問題Ⅰ

bigup1.gif ムサビ2010前 問題Ⅰ

1.hard evidence 確かな証拠
ムサビ2010前Ⅰ 1. | 美大英語.com

2.第2段落
「my mother」と「her older sister, Marion」の母親
ムサビ2010前Ⅰ 2. | 美大英語.com

3.typical 典型的な
representative 典型的な
ムサビ2010前Ⅰ 3. | 美大英語.com

4.convince 人 to do
teach 人 名
how to do
ムサビ2010前Ⅰ 4. | 美大英語.com

5.理由を表す分詞構文
ムサビ2010前Ⅰ 5. | 美大英語.com

6.never fail to do 必ずする
whatever=anything that
ムサビ2010前Ⅰ 6. | 美大英語.com

7.modest 控えめな
ムサビ2010前Ⅰ 7. | 美大英語.com

8.第6段落5行目
ムサビ2010前Ⅰ 8. | 美大英語.com

9.(1)第2段落1,2行目と第4段落5行目
(2)第4段落7行目
(3)第5段落2行目
(4)第6段落1,2行目
ムサビ2010前Ⅰ 9.(1) | 美大英語.com
ムサビ2010前Ⅰ 9.(2) | 美大英語.com
ムサビ2010前Ⅰ 9.(3) | 美大英語.com
ムサビ2010前Ⅰ 9.(4) | 美大英語.com

bigup1.gif 美大英語.com

ムサビ2010前 問題Ⅱ

bigup1.gif ムサビ2010前 問題Ⅱ

1.get together 集まる、会う
ムサビ2010前Ⅱ 1.  | 美大英語.com

2.(1)「行くのに興味がありますか」
ムサビ2010前Ⅱ 2. | 美大英語.com

3.場所を答える。
ムサビ2010前Ⅱ 3. | 美大英語.com

4.時刻をたずねる。
ムサビ2010前Ⅱ 4. | 美大英語.com

5.「ふさわしくないもの」を選ぶ。
ムサビ2010前Ⅱ 5. | 美大英語.com

bigup1.gif 美大英語.com

ムサビ2010前 問題Ⅲ

bigup1.gif ムサビ2010前 問題Ⅲ

1.「何が悪いのか」
ムサビ2010前Ⅲ 1. | 美大英語.com

2.be independent of
ムサビ2010前Ⅲ 2. | 美大英語.com

3.save 人 from doing
ムサビ2010前Ⅲ 3. | 美大英語.com

4.consider doing
ムサビ2010前Ⅲ 4. | 美大英語.com

5.take in
ムサビ2010前Ⅲ 5. | 美大英語.com

bigup1.gif 美大英語.com

ムサビ2010前期をくわしくおしえます。

bigup1.gif ムサビ2010前期をくわしくおしえます。

過去問解説を、くわしく1問ごとにしていきます。

武蔵野美術大学
2010年度
造形学部
一般入学試験
一般方式
期日程
英語
についてです。

その[問題]のことを、
ムサビ2010前Ⅰ」と書くことにします。

ムサビ2010前Ⅰ 1.

bigup1.gif ムサビ2010前Ⅰ 1.

hardの意味の違いを聞いています。

下線部(1)hard evidence たしかな証拠
選択肢(1)Hard wooden chairs かたい木のイス
選択肢(2)hard questions むずかしい質問
選択肢(3)hard facts たしかな事実
選択肢(4)a hard worker 熱心な努力家

hardのキホン的な意味は、
「はげしい」とか「かたい」です。

下線部(1)と選択肢(3)も、
「かたい証拠(hard evidence)」「かたい事実(hard facts)」と訳すこともできます。

でも、選択肢(1)の「hard wooden chairs(かたい木のイス)」の「かたい」というのとは、
すこし意味が違います。

「証拠」や「事実」が「かたい」というのは、
「たしかな証拠」「たしかな事実」ということです。
「たしかな、否定できない、実際の」という意味です。
だから、選択肢(1)の「かたい木のイス」のように、モノが「かたい」のとは違います。

選択肢(2)と(4)は、なんとなくわかるでしょう。
日本語で「ハードな質問」「ハードワーカー」という言い方もできますね。

ちなみに、英語で「work」というのは、お金のためだけじゃなくても、
「努力する」「がんばる」という意味でよく使われます。
「hard worker」は仕事のことだけじゃなくて、「努力家」ということです。

bigup1.gif 美大英語.com

ムサビ2010前Ⅰ 2.

bigup1.gif ムサビ2010前Ⅰ 2.

第2段落です。

下線部(2)の「their mother」の「their(彼女たちの)」の「彼女たち」とは、
直前の「her older sister, Marion(彼女の姉、マリオン)」と、前の行の「she」です。

この「her older sister」の「her(彼女の)」と「she(彼女は)」の「彼女」とは同じ人です。
「my mother」です。

この「my(わたしの)」の「わたし」とは著者のことです。

だから、「their mother」とは、
著者の母とその姉マリオンの母です。

著者の祖母(grandmother)ですね。

bigup1.gif 美大英語.com

ムサビ2010前Ⅰ 3.

bigup1.gif ムサビ2010前Ⅰ 3.

むずかしそうですが、
「ふつう」か「ふつうじゃない」かのどちらかに分けられます。

「典型的」っていうのは「ふつう」っていうことです。

「ふつう」
typical 典型的な
representative 典型的な、代表的な

「ふつうじゃない」
exceptional 例外的な
remarkable 注目すべき、めずらしい
uncommon まれな

bigup1.gif 美大英語.com

ムサビ2010前Ⅰ 4.

bigup1.gif ムサビ2010前Ⅰ 4.

第4段落の下線部(4)の和訳問題です。

この文の主語は「she」、動詞は「convinced」です。
この文の基本は「彼女は説得した」です。

あとは、「だれに」「なにをするように」説得したのか、を考えます。

「だれに」の部分は、
「the elderly man next door(となりの年配の男性)」です。

「the elderly man(年配の男性)」のうしろに「next door」があります。
名詞をうしろから修飾しています。

「next door」は直訳すると「となりのドア」ですが、
ようするに「となり(のいえ)」ということです。

音楽ユニットの名前の「GIRL NEXT DOOR」とおんなじです。
「GIRL NEXT DOOR」とは、直訳すると「となりの女の子」ということです。

ちなみに英語のWikipediaによると、「Girl next door」とは、
「wholesome, unassuming femininity(健康的できどらない女性らしさ)」を示します。
Girl next door – Wikipedia, the free encyclopedia

つぎに、「なにをするように」説得したのかを見ます。

「to teach」からです。
「教えるように」説得しました。

「だれに」「なにを」教えるのでしょうか?
「me(わたしに)」「how to shave」を教えます。

「shave」は「ヒゲをそる」です。
「how to do」で「~する方法」「~しかた」なので、
「how to shave」で「ひげのそり方」です。

bigup1.gif 美大英語.com