「美大英語のヒミツ」2012/08/15

bigup-96
bigup1.gif 「美大英語のヒミツ」2012/08/15

タマビ2012A[問題I]の問1をくわしく教えます!

今回は、aからeまでです。

有料メルマガ「美大英語のヒミツ」vol.7の内容です。
2012/08/15発行です。

多摩美術大学・2012年度・A日程・[問題I]の、aからeまでです。

———-
下に、一部をサンプルとして公開します。見てみてください。

2012/08/15「美大英語のヒミツ」vol.7 タマビ2012A[問題I]問1 a~e

vol.7
2012/08/15

こんにちは!

今回も気軽にやりましょう。

まず今すぐに、ざっとスクロールして、一回さいごまで見てみてください。

—–
タマビ2012Aです。

[問題I]の問1をくわしく教えます!

今回は、aからeまでです。


タマビ2012Aとはくわしく言うと下のようになります。

多摩美術大学
2012年度
美術学部
一般入学試験
一般方式
外国語
英語
A日程

—–
もくじ

[問題I]
問1
「異なるもの」
カンタンです。
a)
b)
c)
d)
e)

—-
・「異なるもの」

本文の内容と「異なるもの」を選ぶ問題ですよ!

こういうふうに誤った選択肢を選ばせる問題があります。くれぐれも注意してください。

—–
・カンタンです。

本文はかなりヘビーですね。でも、見た目よりカンタンです。

本文に書かれている順に聞かれています。選択肢ごとに本文のどこを見ればいいかをまずまとめて見てみましょう。

a) 1段落目 1行目 It …
b) 4段落目 1行目 I hadn’t …
c) 6段落目 1行目 The …
d) 6段落目 3行目 and yet …
e) 7段落目 6行目 It …
f) 10段落目 1行目 So …
g) 12段落目 1行目 The …
h) 12段落目 1行目 but …
i) 14段落目 3行目 As …
j) 16段落目 1行目 Because …

こういうふうに順番に聞かれています。だから、探すのはけっこうカンタンです。

これらのところを根拠にして、本文の内容と「異なるもの」を選びます!

では、ひとつずつ見ていきましょう。

—–
a)

本文の内容と異なります!

選択肢a
「著者(ボブ・グリーン)は典型的な休暇について書いている。」
The writer (Bob Greene) is writing about a typical vacation.

writer 著者
typical 典型的な
vacation 休暇

「典型的」っていうのは、ふつうっていうことです。


本文1段落目の1行目「It ~」を見てみましょう。

「それはおそまつな休暇だった。ひょっとしたら私が経験したなかでもっとも奇妙なものだった。」
It was a vacation of sorts, perhaps the strangest I had ever taken.

vacation 休暇
of sorts おそまつな
perhaps ひょっとしたら
strange 奇妙な

「ジーニアス英和辞典」によると、「of sorts」には、「たいしたことのない、おそまつな、二流の」「一種の、いわば」という訳があります。これだと「typical(典型的な)」と言えるかどうかわかりにくいです。むしろ「典型的」と言えそうな気もします。でも、ちがいます。

「OXFORD現代英英辞典」によると、「of sorts」には、「used when you are saying that sth is not a good example of a particular type of thing」という説明があります。「なにかが特定の種類のもののいい例ではないことを言っているときに使われる」と言っています。つまり、「typical(典型的)」ではないということです。


選択肢aは、本文の内容と異なります!

選択肢では「典型的な(typical)」と言っています。ふつうのっていうことです。

でも、本文では「おそまつな(of sorts)」「もっとも奇妙なもの(the strangest)」と…

つづきは「美大英語のヒミツ」に登録して見てください!

バックナンバーも買えます。ぜひ!

有料メルマガやめました。 | 美大英語.com

bigup1.gif 美大英語.com