美大受験を「分業化」します!

bigup1.gif 美大受験を「分業化」します!

美大受験の学科指導を、まず「分業化」しないといけません。

まず、ムサタマ志望か芸大志望かで分けます。
また、英語と国語の講師は、別にするべきです。

英語の中でも、分業化が必要です。
美大受験の英語で教えるべき内容は、次の3つに分かれます。

基礎から教えること
大学の過去問を教えること
センターの対策をすること

この3つをそれぞれ別の人がやるべきです。

受験生が受ける価値がある良い授業をやるためには、講師自身がかなりの時間をかけて予習する必要があります。
リハーサルも必要です。その時間が足りていないのが現状です。

美大受験では、「英語ができれば受かるのに」という受験生があまりに多いです。
これは、十分な学科の指導が現実にできていない予備校がまだまだ多いということです。

一人の講師が教える内容を絞ることで、授業のレベルを上げましょう。

まずは過去問解説から始めます。

美大受験の英語指導を分業化します!

bigup1.gif 美大英語.com