タマビ2011AⅡ 問6

Angry Face © by AngryJulieMonday
bigup1.gif タマビ2011AⅡ 問6

第4段落4行目「Now … Not …」の内容から答えます。とくに後半の「Not …」です。

どれくらい「怒った」のか「怒らなかった」のかに注目すると答えがでます。

第4段落6行目「Not that I haven’t been angry …」を見ます。

「now that」と「not that」は違います。見まちがえないようにしましょう。
「now that」は「今は~だから」という意味です。
「not that」は「~というわけではない」という意味です。

途中で切ってシンプルに書き換えて考えてみましょう。

Not that I haven’t been angry.
私は怒ることがなかったというわけではない。

thatのあとだけを見てみましょう。

I haven’t been angry.
私は怒ることはなかった。

現在完了です。過去と今のことを言っています。「怒ることがなかった」「怒らなかった」などの訳し方ができます。

これに「not that(~というわけではない)」がついてこうなります。

Not that I haven’t been angry.
私は怒ることがなかったというわけではない。

つまり「怒ることもあった」ということです。

選択肢を見ていきましょう。どれくらい怒ったのかを見ます。

A 怒ることはなかった
B 怒り腹を立てることもあった
C 怒りを表明することが最も大事だった
D 怒りを表明することはなかった。

AとDは「怒らなかった」と言っています。まちがいです。

Cは「最も大事だった」というのが言い過ぎです。

bigup1.gif 美大英語.com