タマビ2011AⅠ 問2

bigup1.gif タマビ2011AⅠ 問2

本文に書いてある順に質問されています。

答えの根拠になる本文のパラグラフを質問の順番にならべてみましょう。
たとえば、「1. Was Frida Kahlo self-assured?」という質問には、第1パラグラフを見て答えます。

1. 第1パラグラフ
2. 第2パラグラフ
3. 第3パラグラフ
4. 第4パラグラフ
5. 第5パラグラフ
6. 第6パラグラフ
7. 第8パラグラフ
8. 第9パラグラフ
9. 第10パラグラフ

質問と答えを、YesかNoかで答えるものと、そうじゃないものにわけて見てみましょう。

質問から見ます。
YesかNoで答える質問がほとんどです。
ちがうのは3と5です。3は「Why」で、5は「How」で聞かれています。YesかNoじゃ答えられません。

答えの選択肢を見ます。
YesかNoで答えている答えがほとんどです。
ちがうのは、a,e,h,nです。

主語を見てみましょう。

答えの選択肢から見てみます。
sheかtheyです。主語は、ひとり(she)か複数(they)かのどちらなのかだけを考えればいいです。「they」は男女どっちでもいいし、モノにも使えます。

質問の主語を順番に見ていきます。
それぞれが「she」と「they」のどっちになるか考えてみてください。単数か複数かです。

1. Frida Kahlo
2. Frida
3. her playmates
4. the early 1920s
5. people
6. the Cachuchas
7. Frida
8. the doctors
9. Frida

YesかNoで答える答えを、動詞と助動詞のちがいで見ると、ここでは4パターンあります。

was/wasn’t
were/weren’t
did/didn’t
would/wouldn’t

ただし、この問題では、質問の3と5の答えは、質問と文法的には一致しません。「Why」「How」で聞かれている質問です。内容を考えて答えます。たとえば、質問5は「did」で聞いていますが、正解の選択肢hは「were」というbe動詞で答えています。

bigup1.gif 美大英語.com