ムサビ2011AⅢ 3.

Muhammad Ali © by cliff1066™
bigup1.gif ムサビ2011AⅢ 3.

the third most popular 3番目にもっとも人気のある

問題の英文の意味はこうです。

「ムハンマド(Muhammad)は、イングランドで3番目に人気のある名前だ。」

さて、大事な話をします。

試験問題に書かれている文の内容はフィクションかもしれません!

非実在です。架空のはなしです。元ネタがあってもすこし変えてあるかもしれません。

この問題がいい例です。

「ムハンマド」は、イスラム教徒に多い名前です。
その名前がイギリスのイングランドで3番目に人気があるというのは意外に思います。

じっさいはどうでしょう。こんな記事があります。英語です。

‘Muhammad’ ranked most popular boys’ nam… JPost – International

上の記事によると、じっさいはなんとナンバーワンでした。2009年に生まれた男の子につけられた名前で、スペルがちがうものもおなじ名前としてカウントすると、イングランドとウェールズで一番人気でした。

もちろん、この問題文の英文で「ムハンマドが3番目に人気の名前」だと言っているのもウソとは言えないかもしれません。「ムハンマド」という名前が増えてきたのは最近のことです。何年かまえに書かれた文だとしたら内容としても正しいでしょう。

でも、そういうことじゃありません。試験問題では、あきらかに事実とちがうことが書かれている英文に出会うこともあります。

これはたぶん、純粋に英語力をはかるためです。

たとえば、受験生の中でイギリスに親戚がいる人がいるかもしれません。その親戚が雑談で、「そういえば、こっちでムハンマドって名前が一番になったって話題になってるんだよ。」なんていう話をするかもしれません。そういう話を聞いた人が点を取りやすくなったりしないようにするために、事実とちがう内容に変えてあるのかもしれません。

もちろん事実とおんなじ内容のこともあります。フィクションかもしれないしノンフィクションかもしれません。

英語以外の知識にまどわされないように。

英語力でときましょう。

bigup1.gif 美大英語.com