「正誤」タマビ ムサタマ直前対策

「正誤」タマビ ムサタマ直前対策

タマビでは、たまに、
「誤り」の選択肢を選ばせる問題があります。

タマビでは、
「合致するもの」
「等しいもの」
「適切なもの」
「適切な単語」
「一致するもの」
「どれが適切か」
「どれに近いか」
「どれに相当するか」
「文意にあった文章に」
「合っているもの」
「正しい答えを」
などの聞き方がされています。

でも、2006年に、
「合致しないものを5つ」
選ばせた例があります。

2009年にも、こういう聞き方がされている問題が出ました。
「次の1~10の英文で内容があやまっているものが四つある。それはどれか。」
「What is NOT mentioned ~?」

どちらも内容的に「誤っている」選択肢を答えなくてはいけませんでした。
逆を選ぶと、まるまる全部が不正解になってしまいます。

「正」「誤」のどちらを答えるのかに注意です。