「仮定法 as if」 ムサタマ直前対策

「仮定法 as if」 ムサタマ直前対策

「as if」「as though」の中身は、
仮定法になる時とならない時があります。

仮定法になるときは、
as ifの中身だけが仮定法になります。

例1)
He talks as if he is a gentleman.
例2)
He talks as if he were a gentleman.

例2でwereを使っているのが仮定法です。

例1も例2も同じ和訳になります。
どちらも
「『現在』紳士であるように『現在』話す。」
という意味です。

「現実と違う」と強調したい時に仮定法になります。