「不定詞の否定」  ムサタマ直前対策

「不定詞の否定」

to doの否定は、not to doです。

なので、
so as to ~ の否定は、
so as not to ~

in order to ~ の否定は
in order not to ~

となります。

not toです。

また、
had better+原形
(~したほうがいい)
の否定は
had better not+原形

would rather+原形
(むしろ~したい)
の否定は
would rather not+原形

になります。

notが入る場所に注意です。